ゴミ屋敷を勝手に片づけたら法律違反!ゴミ屋敷問題の正しい解決法

- 近所に有る場合の対策方法

五十嵐 蒼介

名前☆五十嵐 蒼介
HP☆ゴミ屋敷を勝手に片づけたら法律違反!ゴミ屋敷問題の正しい解決法
Mail☆ お問い合わせ
一つだけ願いが叶うなら☆世界平和を願います
好きなスポーツ☆野球

近所に有る場合の対策方法

自宅の周りに様々な物を置いてある家があると思い当たる方は多いのではないでしょうか。
中にはテレビでおもしろい家として紹介されることもありますが、「ごみ」を大量にため込んでしまって大変なことになっている家もあるでしょう。
不用品から粗大ごみまで大量に集めてきてしまっている家を見ると「どうにかして欲しい」と思うことがあります。
私たちはどのようなことができるのでしょうか。

誰にも手をつけられない

実はごみ屋敷のごみは誰にも手をつけることができません。
なぜならごみといってもその土地の所有者の物だからです。
よく「ごみではない!」と主張するごみ屋敷の家主がいますが、その人にとってはごみではないすなわち「資産」であるということです。
資産を力尽くで奪い取ることができるとしたら、私たちは生活できません。
リサイクルを専門に依頼しても同じです。

行政に注意してもらう

個人ではどうにもならない問題に関しては行政に注意してもらうことが肝心です。
特に産業廃棄物を大量にため込んでいれば、きちんと行政に対応してもらえます。

時間はかかるがじっくりと

行政もごみだからと言って奪い取ることはできません。
心ある家主であれば行政側からの要請があれば、片付けも考えるでしょう。
周りから口を出すことが難しいという場合、行政との相談が解決の糸口になることもしばしばあります。
行政側とのパイプがないと悩まず、まずは役所に電話をしてみて対応してもらえる部署に相談しましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2015ゴミ屋敷を勝手に片づけたら法律違反!ゴミ屋敷問題の正しい解決法All Rights Reserved.